認知症を早めに予防する|健康食品でハッピーマジック

おばあちゃん

より多くのオメガ3が必要

汗を拭く男性

脳の6割は脂質から成る

認知症の予防には、良質な油を摂ることが大切です。脳にとってよい働きをする良質な油として、オメガ3系脂肪酸が挙げられます。脳が働くエネルギーとして必要とする栄養素はブドウ糖だということが知られていますが、脳を構成している成分自体についていえば、脂質が脳全体の6割を占める成分となっているのです。このことからも、良質な脂肪酸を摂ることが脳の健康を高め、その結果として認知症を予防するのに効果的であるといえます。脂肪酸のうち、自分の体でつくることのできないものを必須脂肪酸と呼びます。必須脂肪酸にはオメガ3系やオメガ6系の脂肪酸があります。どちらも食べ物などから摂る必要がありますが、バランスとしてオメガ3系脂肪酸の4倍のオメガ6系脂肪酸を摂るのが認知症の予防によいとされています。

オメガ6とバランスよく

オメガ3系脂肪酸の4倍のオメガ6系脂肪酸というとずいぶん多い量のように聞こえますが、実は現代人は4倍どころか多い人では数十倍ものオメガ6系脂肪酸を摂っていることがわかっています。したがって、認知症予防のためにはオメガ3系脂肪酸の摂取量をもっと増やさなくてはなりません。とはいえ数十倍にもふくれあがったオメガ6系脂肪酸の量とバランスを取るためには、かなりの量のオメガ3系脂肪酸を摂らなくてはならなくなります。オメガ3系脂肪酸はサバ・アジ・イワシなどの青魚やシソ油・亜麻仁油などに含まれていますが、そうした食品だけではなかなか追いつくことは難しいといえます。これらのことから考えると、オメガ3系脂肪酸をサプリメントの形で補うのが最も適切な方法です。よって、今後オメガ3系脂肪酸のニーズは今よりさらに大きくなっていくと予測されます。