認知症を早めに予防する|健康食品でハッピーマジック

おばあちゃん

脳の機能低下を防ぐ

サプリ

未然に防ぐ方法

認知症とは、脳の機能が徐々に低下して通常は問題なく持っているはずの能力が落ちてしまうことです。ただの老化によって物事を忘れてしまうのではなく、記憶自体が消えてしまうことに自覚がなく症状は徐々に進行して判断力も鈍くなります。老化の場合は物事の一部を忘れてしまうことが多いですが、認知症は物事の記憶すべてを忘れてしまいます。そのため、予定や約束を忘れてしまうなど日常生活にも支障が出ます。認知症は、脳を鍛えることで予防が出来るようになります。有酸素運動の習慣を身につけて、文章を書いて読むこと、朝起きてからすぐに太陽の光を浴びることなどが予防になると言われています。また、食習慣を改善させることも予防につながります。

適切な食習慣

認知症の予防には、バランスの取れた食事をすることは欠かせません。必要に応じて健康食品やサプリメントを使うことも効果的であると言えます。ビタミンCやビタミンE、βカロチン、EPAやDHA、ポリフェノールを摂取すると良いと言われています。運動や食事、普段の習慣に気を付けながら、脳の機能を維持して鍛えていくことで、認知症になりにくい環境をつくることが出来るようになります。認知症は一般的には60代以上の年齢の人に多く、早い人で40代から50代でも発症すると言われています。しかし、若年性の場合は10代後半から20代後半にかけて発症することがあるので、予防対策は出来るだけ早めに心がけていく必要があります。