認知症を早めに予防する|健康食品でハッピーマジック

シニア夫婦

脳の衰えを緩める方法

笑顔の婦人

高齢化社会となった今、認知症問題が深刻になってきました。寿命が長くなるにつれて増えてきた症状で、誰もがなりうる可能性があります。これを少しでも予防するには、生活習慣や性格の見直し、そしてサプリメントで栄養を補っていくことで効果につながります。

詳細へ

より多くのオメガ3が必要

汗を拭く男性

脳のエネルギーとして必要なのはブドウ糖ですが、脳の構成成分として重要なのは脂質です。そのため、認知症予防のためには良質の脂肪酸が不可欠です。認知症をより効果的に予防するには、オメガ3とオメガ6のバランスを改善することが大切です。

詳細へ

脳の機能低下を防ぐ

サプリ

認知症の予防には、運動や食事の改善など生活習慣の見直しが大切になります。必要に応じて健康食品も取り入れるようにすることが望ましいです。早ければ若い人でも発症することがあるので、なるべく早くから予防対策を取るべきです。

詳細へ

脳に役立つ食材

夫妻

脳にエネルギーを与える

認知症を予防してくれる食材の1つに大豆があげられます。大豆には、セロトニンを分泌してくれる成分であるトリプトファンが含まれている上に、女性ホルモンのバランスを整えてくれるイソフラボンやビタミンEも含まれています。そのため、相乗効果を期待できます。認知症予防効果のある大豆は、いろんな方法で摂取することができます。豆としてそのまま使用し、料理の材料として調理して食べるのも良い方法です。しかし、ほかにもおから、豆腐、豆乳として摂取することもできます。豆乳は牛乳の代わりにコーヒーや紅茶に入れると、豆乳のカフェオレや豆乳のミルクティーとして飲むことができます。また、ココアパウダーを混ぜると豆乳ココアとして摂取することもできます。

大豆の力

大豆に含まれるトリプトファンは、摂取することで脳内神経伝達物質であるセロトニンを分泌させる働きがあります。また、認知症予防だけでなくうつ病にも良いとされています。このことから、トリプトファンは脳にエネルギーを与える成分ともいえるでしょう。そして、大豆には腸内環境を整える働きもあり、食物繊維がたっぷり含まれています。腸内環境を整えることは、脳にとっても有益な効果を与えます。腸内環境が悪化することで、脳への負担がかかってしまい、ストレスを溜め込みやすくなるといわれているからです。大豆を加工した認知症予防サプリメントも多数販売されているので、食事で大豆を摂取することが難しいと感じる場合には、サプリメントの活用をお勧めします。